感染対策についての質問です。

8割の方が体調を崩してしまった

アイコンkandaさん 2015/11/03 7:32

デイサービスを行っているスタッフのものです。
昨年、インフルエンザウイルスやノロウイルスの感染症に多くの利用者がかかってしまいました。

インフルエンザなどはほとんどの方が予防接種をされていたのですが、効果がなく8割の方が体調を崩されてしまいました。
院内感染の対策はみなさんどのように行っていますか。

感染症対策マニュアル

アイコンそらそさん 2015/11/03 17:56 Good!数:18

インフルエンザやノロウイルスとったウイルスはすぐに感染が広がってしまいますよね。
特にインフルエンザなどは毎年新しい菌が入っていて予防接種の効果を期待できないものがあることもあります。

ところで院内感染対策マニュアルというのは施設にはありますでしょうか?
入社年数関係なく誰が見ても何をするのかが一目で分かるような感染症対策についてのマニュアルがあるととても便利です。
手洗い
内容は手洗い、うがい、マスクの装着、消毒などで重要なのは「だれがみてもわかる」ということです。
いつだれが感染症に発症してもすぐに対応できる環境でなければなりません。

特に施設に入居、通所されている方というのは免疫力が低下していますのでかかりやすい環境におられます。
スタッフの対策や予防でできるだけ押さえるようにしていくことが大切だと考えます。

免疫力、抵抗力、体力のどれもが低下している方ですので感染しやすいですし、悪化もしやすい環境です。
予防と対策は多くて損なことはないのです。

徹底した消毒と職員の自己管理

アイコンルンバ♪さん 2015/11/04 13:14 Good!数:21

徹底した消毒によって万が一感染された方がいても、広がることを防ぐことができます。
アルコールや塩素系の消毒液などで、手すりやドアノブ、椅子やテーブルなど至るところを消毒、殺菌していくようにしましょう。

何が感染経路になるか分かりませんので徹底的に消毒、殺菌を行います。
また効果があるものとして室内の湿度にも気を付けましょう。
ウイルスには加湿器などでの空気の加湿や除菌も効果は高いのです。

そして、職員が感染経路にならないことも気を付けて行きましょう。
職員が人から人へ移している原因になってしまっていることも多いのです。
手洗いうがいの徹底を心がけなければなりません。

忘れがちになってしまうのが着替えです。
職場に来たり帰ったりするときの服と、仕事中の服装は変えるようにしましょう。

施設の外からウイルスが入ってくる可能性もあるのです。
出勤時、退勤時は着替えを行い、ウイルスを中に入れないこと持ち出さないこと職員が感染しないようにすることも、予防、対策の一つなのです。